濃紺がいいとされているのは?

子供にはふさわしい教育を与えたいと考えている親は非常に多いですが、子供の努力だけでなく、自身の努力も必要になるシーンがあります。

 

代表的なものとしては、面接が必要となる幼稚園や小学校などですが、この時、面接官は子供の立ち居振る舞いや服装、面接態度だけでなく、お受験ママに対しても注意を払っています。

 

そのため、同伴するママは悪目立ちせず、品の良いスーツ姿で立ち居振る舞いにも気を付けるようにしましょう。

 

一般的にお勧めといわれているのは、リクルートタイプとは異なり、ワンピースにボレロを合わせたものです。

 

色は濃紺がいいとされていますが、これはほとんどのお受験ママが濃紺のスーツを着用しているため、悪目立ちを防ぐという意味合いもありますし、ほかの色に比べて落ち着いて知的であり、品のある印象を与えやすいという効果もあります。

 

素材をある程度高品質なものにすることで、しわなどが目立たずにきれいなラインを保つことができますし、光沢も控えめで好印象を与えることができますが、あまりにも高級な印象を与えるものは逆に目立ってしまうので避けましょう。

 

また、家族で面接に臨むときには、パパや子供との釣り合いも大切です。カラーやスタイルのバランスを考えて選ぶようにしましょう。

 

シンプルでアレンジしやすいものを選んでおくと、入園式や入学式などの式典でも同じスーツを着用することができますので、活用範囲が広く便利なアイテムになります。